メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >> 最新号のご案内
月刊トークス 最新号のご案内 月刊トークス 最新号のご案内
聴く!効く!
最新号、2018年6月号(第309号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第210号、おかげさまで創刊26年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

最新号をご希望の方は、こちらから! →→→この号を購入する
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方
★地域一番店の顧客一体化戦略

『モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方』

佐藤勝人(サトーカメラ代表取締役専務)著
同文舘出版刊
1,500円(税別)
【キーワード】
◆商売繁盛の基本は、商品を通して「文化」を地域に創造すること
◆文化は消費量。消費されたということは、それだけ支持されたということ
◆メインターゲット外の客層に広げる
◆店には「大義」が必要
◆中小店舗型ビジネスはすべてのお客様を受け入れること
◆自分で勝手に領域や限界を作ってはいけない
◆お客様に教え、お客様から教わることで繁盛を生み出す関係性づくり
◆お客様に、「そうだ!○○だ」と思い出してもらえる店に繁盛は生まれる
日本一社員が辞めない会社
★介護業界で社員の定着率96%!

『日本一社員が辞めない会社』

小池 修(リハプライム株式会社代表取締役)著
ぱる出版刊
1,600円(税別)
 
【キーワード】
◆社員が辞める本当の理由:(1)有給休暇が取れない
 (2)嫌いな上司がいて、認めてもらえない(3)自分の将来が見えない
◆休暇の問題を何とかすることが、会社にとっては先決課題
◆規模の拡大で、社員の定着率アップ+利用者さんの増加
◆社員の定着率を100%に近づけるためには、待遇以外でも改善が必要
◆4つの重要ポイント:会社の理念を確立する。社長が理念を体現する。
 社員の味方となり、信頼関係を構築する。社員の支援をする。
◆チャンクを上げる手法で社員の夢と会社の夢のベクトルを合わせる
最高品質の会議術
★ソフトバンク在籍時に効果を実証!

『最高品質の会議術』

前田鎌利(プレゼンテーションクリエイター)著
ダイヤモンド社刊
1,600円(税別)
 
【キーワード】
◆「物事を決定すること」=「意思決定」こそが会議の本質
◆定例会議以外の少人数ミーティングを活性化する
◆定例会議は30分(インプット・アウトプット各15分)を基本とする
◆インプットパートは簡素化する工夫をして、短縮化する
◆アウトプットのために事前の議題申請と資料提出をメンバーに義務づける
◆定例会議において「何を決めるのか」「何が決まったのか」を明確にする
◆紙ベースよりもデジタルベースの会議のほうが、圧倒的に効率的だ
◆マネジャーは指示ではなく質問を第一にし、コミュニケーションを深める
なぜあの人には「大人の色気」があるのか
★色気は、技術より、基本から生まれる

『なぜあの人には「大人の色気」があるのか』

中谷彰宏(著作家)著
現代書林刊
1,400円(税別)
 
【キーワード】
◆色気は「品」のド真ん中にある
◆色気は「結果がどうなるかわからないところ」にある
◆色気の基本となるのは清潔感
◆色気は出すものではなく、にじみ出てしまうもの
◆色気は、優しさから生まれる
◆後ろから見ると、色気のある人とない人が一目でわかる
◆色気は、人と違うところから出る
◆今までどう生きてきたかという生きざまが、その人の色気になっていく
最新号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 最新号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
とってもお得な年間契約です。
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

最新号からの一年間だけでなく、特定の号にまで遡っての年間契約も可能です。
買い物かごの備考欄にその旨ご記入ください。


3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2018年6月号をご希望の方はこちら →→→
2018年6月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2018年7月号は6月20日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊26年目、第310号です。

1994年、ニュ−ビジネス大賞部門奨励賞受賞! (社団法人ニュ−ビジネス協議会)


表彰状