メルマガ登録
 まぐまぐ殿堂入り!メルマガ
 「社長必読!今月の4冊」
 (週刊、無料で当社より配信)
アドレスを入力し登録をクリック
次の画面でお名前を入力して
登録ボタンを押してください。

インフォメーション
無料試聴
無料試聴
最新号の最初の部分約3分間を試聴できます。



セキュリティ
TOP >> 最新号のご案内
月刊トークス 最新号のご案内 月刊トークス 最新号のご案内
聴く!効く!
最新号、2018年12月号(第315号)で紹介している本は下記の4冊です。
CD化第216号、おかげさまで創刊27年目です。
1枚のCDに選び抜かれた4冊の本のエッセンスがつまっています。  

最新号をご希望の方は、こちらから! →→→この号を購入する
消費は0.2秒で起こる!
★人を動かす「脳の法則」

『消費は0.2秒で起こる!』

西田文郎(株式会社サンリ会長)著
現代書林刊
1,400円(税別)
【キーワード】
◆うまくいく人の脳は、必ず「快」になっている
◆購買の鍵は扁桃核が握っている
◆消費者の購買行動を促すには、消費者の脳を「快」にすること
◆「オヤ? ふむふむ なるほど!」の法則
◆おかずがたくさんついていると、ウキウキして、脳が「快」の状態になる
◆大きく儲けるために一番必要な能力は他喜力
◆魂レベルでお客さまを喜ばせる
◆儲けたいならゴールを先に設定する<
絶対に身につけたい 本物の接客
★ホスピタリティマインドを磨く

『絶対に身につけたい 本物の接客』

菊地麻衣子(ホスピタリティマインドトレーナー)著
明日香出版社刊
1,500円(税別)
 
【キーワード】
◆「本物の接客」を実現している方々は職人に似ている
◆接客する場所は舞台、私たちはその舞台に上がる俳優
◆道具を大切にしている真摯な姿勢は必ず周囲に伝わる
◆お持ちものだけでなく、時間を大切に扱うことが本物の接客
◆作り笑顔も必ず本物の笑顔になる
◆ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練される
◆これからの接客業は、コンシェルジュ化していく
◆機械ができることは機械に任せ、人にしかできないことを磨いていく
人前で30分話すためのプロの実践テクニック
★聴衆が前のめりになる

『人前で30分話すためのプロの実践テクニック』

麻生けんたろう(ラジオDJ)著
同文舘出版刊
1,500円(税別)
 
【キーワード】
◆アナウンス学校に通い、あがり症を克服し、5年後にはラジオDJ
◆人前であがらずに話すためには原稿を3段階でつくる
◆原稿ができたら、本番をしっかりイメージした声でリハーサル
◆聞き手に納得してもらいたいときには、PBREP構成が効果的
◆プロのしゃべり手は発声練習を大事にしている
◆異性・仕事・家庭・健康・お金の5つの欲や悩みに関連づけて話す
◆行動を促すために、行うことを前提に話す、
◆最後は聞き手の背中を押してあげられるモチベーターになろう
人がうごくコンテンツのつくり方
★100億円市場を生み出した小さな会社の発想法

『人がうごくコンテンツのつくり方』

市ヶ谷弘司(株式会社空調服代表取締役会長)著
クロスメディア・パブリッシング刊
1,280円(税別)
 
【キーワード】
◆便利な時代を創ってきたのは、人の夢と、そんな夢が生み出したアイデア
◆自由な思考やアイデアは、リラックスの時間に訪れる
◆大原則を厳守しながら、小さな原則に振り回されない
◆アイデアが出たら、その可能性を考える
◆目標倒れにならないような目標を設定する
◆目標を細かく設定していく大きなメリットは目標を意識化できること
◆限られた労力をアイデアの核心部分に集中させる
◆アイデアの規模が大きくなるほど関わる人は増えていく
最新号をご希望の方は、こちらからどうぞ →→→ 最新号を購入する
■ ご契約の種類
★単月号購入
1号のみのご購入です。
代金は3,000円(送料・税込)です。
★年間契約
2018年6月号〜2019年5月号(最終号)の
12号お届けして30,000円(送料・税込)です。
★3号パック
ちょっぴりお得な3号パックです。
お買い得価格8,000円(定価9,000円)
お好きなバックナンバー3号をご指定できます。

3号お買い得セットは次のようにご注文ください。
買い物かごに入れられた後、精算ボタンをクリック。
お名前等をご記入いただいた後、その下の方にフォームがあります。
そのフォームでご希望のバックナンバー3号をご指定ください。
あるいはバックナンバーページの買い物かごをお使いいただいても結構です。
後ほど、当社にて値引き処理を行います。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』と『読書は1冊のノートにまとめなさい』
デビュー2作ともベストセラー著者の奥野宣之さんは2作目で次のように書いています。
 |雑誌の定期購読をすすめるのは、不意に新しい情報や知見に出あえるからです。
 |この不意にというのが大事なんですね。
 |定期購読しておくと、食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、
 |これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。
 |定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための仕組みなのです。

■2018年12月号をご希望の方はこちら →→→
2018年12月号を購入する
■お得な年間契約をご希望の方はこちら →→→
お得な年間契約を購入する
■お得な3号パックをご希望の方はこちら →→→
お得な3号パックを購入する

次号、2019年1月号は12月20日発行予定です。
ありがとうございます。おかげさまで創刊27年目、第316号です。

1994年、ニュ−ビジネス大賞部門奨励賞受賞! (社団法人ニュ−ビジネス協議会)


表彰状